プロビデントファンド

プロビデントファンドについて

プロビデントファンドとは?
 
プロビデントファンドとは、企業と従業員の間で任意加入希望者向けに設立されたファンドのことであり、従業員が、離職、退職、病気、死亡などの場合の資金源となるものです。プロビデントファンドは、「プロビデントファンド法」に基づき、タイ政府が規制しており、プロビデントファンドにおける従業員が持つ権利は、「プロビデントファンド法」により保障されています。
 
「プロビデントファンド法」は、従業員の資産促進および将来の財産形成制度を強化するとともに、国の財政安定を図る強固な基盤を構築することを目的として制定されています。
 
プロビデントファンドは法人格を有しますが、設立企業とは別の法人格を有します。プロビデントファンドの運用は運用会社が行い、ファンドの運営は、選挙もしくは任命されたファンド委員会のメンバーが行います。プロビデントファンド法の所轄官庁はタイのSEC(The Securities and Exchange Commission)であり、SECが、プロビデントファンドの運用を行う、運用会社の管理監督を行っております。
 
詳しくはクルンシィアセットマネジメントホームページをご覧ください
https://www.krungsriasset.com/JP/Provident-Fund/Provident-Fund.html